インターカレッジ・コンピュータ音楽コンサート

来週末行く予定のイベント。もし関西方面でご都合の良い方いらっしゃれば、遊びましょうー。
http://www.iminet.ac.jp/ic2006/

まあ自分は出るわけではなくて、初・引率であります。教員ぽい。
学生だったとき(そんな前じゃないけど)は3年参加して、聴衆はほぼ100%関係者のみで数日続く長〜いコンサートに一体どういう意味があるのかと思っていたけど、自分の発表の場をひろげる直接のきっかけになったのは間違いないので、そういう意味では今考えると非常に意義深かった。大量に見ることで得られるインプットもかなりあります。
というわけで発表する学生にとっては有意義ですが、普通のイベントとして観られるのかというとそれは苦しい、、、特別な興味を持った人の集まりという、そこはやはり学会ですなー。
もちろん、だからと言って意味がないわけではないですが。