月別アーカイブ: 2006年2月

060228

大量のPC整理、パーティションの組み替え、倉庫の片づけなどかつてない重労働デー。バイトを5人雇っているとはいえ相当な作業量でホンマにヘトヘト。ブラウン管ディスプレイの持ち上げすぎで握力ゼロだ。
帰宅して各種作業をしていたのだが、キーボードがちゃんと打てないためお話にならない。

060226

昼過ぎに頭ガンガンで起床し、そのままハンバーグを食べに連れて行ってもらう。IAMASでの展示を見て回る。三原チームの作品、実装のレベルが高くて面白い。昨年、曲がりなりにも展示というものをすることができたので、それ以来かなりおもしろいと感じるものの幅が広がっている気がする。

作品の前で説明するM氏。
060226.jpg

ポキくんの個室にお邪魔してやいのやいの言っていると、テッシーの車から無事ケータイ発見の知らせが!お騒がせしたみなさま、ありがとうございます!
毛利、anaggggggと3人で軽く飲みつつ新幹線で帰宅。
そのまま情報館のバラシに参加して、帰り際に飲む。あんなに飲んで気持ち悪かったのにまた飲めるのが恐ろしい。

IAMAS

IAMAS卒制展を見るために大垣へ。財布を見つけられずに出発が大幅に遅れ、新幹線のタイミングも悪く17時前になってやっとソフトピア着。
IAMASの卒制展を見るのは初めてだったのだが、予想以上に王道メディアアートという感じ。ソフトピアの会場をみた印象だと、結構古典的な作品が多かった気がする。全体を埋め尽くす赤い糸でできた作品は何かと思っていたら、実は会場の飾りだった。
会場ではanaggg, vokoi, 毛利など東京の各氏を始めいろんな方と合流。そのままレセプションに忍び込んで飲んでいるとdaito軍団も到着。さっそく人だかりができていて彼のカリスマ性をかいま見た。
その後お酒をたくさん買い込んでIAMASで飲む。正直なところ飲み過ぎのためあまり記憶はありませんが、途中からケータイ行方不明。みんなカラオケに移動したためアンチカラオケ組である三原くんポキくんと三原家で飲みまくり、最後は家主のふとんを占領して睡眠。三原くんは寝袋、ポキくんはキャンピングマットのみ。すいません、、、、

Circuitbending Workshop Vol.2@Akihabara!!

工芸大Fくんが中心となって、とてもおもしろい企画が進行しています。第一回 ” Circuitbending Workshop Vol.1 “は工芸大厚木キャンパスだったのですが、今回はばばんとメッカでの開催に!

以下インフォです。よく見たら日付がありませんが、たしか3/5です(主催者に要確認)。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
萌えもいいけどベンディングもね!!
Circuitbending Workshop Vol.2@Akihabara!!!!!!!!!!
昨年、東京工芸大学・厚木キャンパスにて開催された
CircuitBending Workshopが復活!
ベンディングには日本一、
いや、世界一適していると行っても過言ではない、
デジタルシティ、秋葉原での開催!
サーキットベンディングしてる人もしたい人も集合!!!!!!!!!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Circuitbending Workshop Vol.2@秋葉原
マルツパーツ館2F マルツメイク館ハンダルーム
http://www.marutsu-group.jp/akihabara2go/
東京都 千代田区外神田1-6-6 TEL:03-5289-0002
11:00〜19:00(予定)
受講料 1000円(工具代として) 見学は無料

■当日の内容
ベンディング入門講座(基本的に申し込み制)
ベンディング・セッション(当日飛び入り可)
and more…

■講師
なかのしょうたろう “goma,Devgon Ash” (東京工芸大学大学院)
http://benders.seesaa.net/

森 浩一郎 a.k.a.(e)-BOMBERS (多摩美術大学)
http://moxuse.org/moxuse/project/bendpl.html

and more?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ベンディング入門講座についてですが、
スペース、工具の都合上、事前の申し込み制とさせていただきます。
また、当日はこのブログの”サーキットベンディング”の記事を
参考に各自でサーキットベンディング用のマシン・パーツを
持って来ていただくのが好ましいのですが、
どうしても用意できなかった・当日持って来たマシンが
ベンディングできないものだったという方のために、
若干数ですが、こちらの方でカシオトーン、ポータサウンドなど
ベンディング可能なマシン、パーツを用意しております。

また、パーツ屋未体験の方を対象といたしまして、
ワークショップ前日の3/4(土)の午後に
電気街の主要パーツ屋などを巡る
買い出しツアーも併せて実施します。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
参加申し込み・質問・その他お問い合わせは
acidmilkchan at hotmail dot com(なかの)まで!
「サーキットベンディングに興味はあるけど、
 右も左も分からない」なんて方はぜひ!
ご来場お待ちしております。

草原真知子×八谷和彦

Happy Creators展オープニングで「草原真知子×八谷和彦」トークセッション。八谷さんの博物学的な知を感じさせるお話にフォーカスを当てつつ、草原さんと共に話をひろげていくという感じ。いろんな方向性が複合されている「メディアアート」という分野の中で、興味があるのは「ハイテクアート」だと言い切ってしまう八谷さんがすがすがしい。

ところで全く関係ありませんが、このオープニングの準備が直前になってしまったのですが、とても有能な学生に手伝ってもらえて非常に助かりました。人手が足りないところに自然に現れ、自分事として問題解決にあたってくれるモチベーションが素晴らしい。ありがとうございます。

Happy Creators展仕込み

24日から始まる浅野さん企画の仕込み。会場の工芸大情報館というのは割と新しい施設で、かなり立派なホールがあって、今回はそこと隣のギャラリー部屋を使っての展示。このホールはいろいろ使えるなーと前から狙っていて今回初めて裏のブースに入ったのだが、ホールというよりも大教室のような映像・音響システムに唖然。プロジェクタの切り替えから照明、音響にいたるまですべてタッチパネル!!ミキサとしてO3Dが置かれているが触れないようにアクリル板でフタがしてある。
060222_0.jpg
この憤りを覚えるユニバーサルデザインは何なんでしょうか。専任のホールさんをつけて貸しホール的な事業も含めいろいろ活用した方がいいと思うのだが、、、
設置の方は割とさくさく進んで、あとは微調整を待つような状態になった。
060222.jpg
浅野さんがそろえていたマンフロットというカメラ用三脚のメーカから出ているいろんな器具が、プロジェクタの天吊り・カメラの固定などヒジョーに役に立ちます。

Happy Creators展

同じ学科でお世話になっている浅野先生主催でインタラクティヴアートの展覧会が開かれます。今週金・土・日で、金曜日よるはトークイベントがあります。ぜひ!


「メディアアートとハッピーの関係」をテーマに、 インタラクティブアートを集めた、本学科の教員・学生による有志展が開かれます。お誘い合わせの上ぜひご来場ください。
060223_happyc.jpg

Happy Creators展〜メディアアートとハッピーの関係〜
2006年2月24日(金)ー 2月26日(日)
東京工芸大学 中野校舎 芸術情報館 ホール ギャラリー

『Happy Creators』 展は「メディアアートとハッピーの関係」をテーマに、 インタラクティブアートを集めた、観客が参加し体験を通して作品を体感する テクノロジーとアートの展覧会です。是非お誘いあわせの上ご来場下さい。

会 期 :2006年2月24日(金)ー2月26日(日)
会 場 :東京工芸大学 中野校舎 芸術情報館 ホール ギャラリー
     http://www.t-kougei.ac.jp
開催時間:午後5時ー午後8時(2月24日)
     午前11時ー午後8時(2月25, 26日)
入場料 :無料
主 催 :東京工芸大学 芸術学部 メディアアート表現学科
     HappyCreators展 実行委員会

詳細はホームページをご覧下さい。
http://happyc.pitapat.com

■オープニングトークセッション
2月24日(金)19:00より、草原真知子 氏(早稲田大学教授、文化庁メディア 芸術祭アート部門主査)と八谷和彦 氏 (メディアアーティスト)によるトーク セッションを開催いたします。
※開催時間、出演者は都合により変更になる場合があります。詳細はホームペ ージでご確認下さい。
※満席の際はお立ち見となる場合もございます。その際はどうぞご容赦下さい。

東京観光

ザ・オフ。なんだかんだで一日中休みというのは2月に入ってまだ2日目。昨日の3人でまた集合し、割とマイナーな東京観光。

「階」意識の強いトイレ at 新宿住友ビル。
060221.jpg
このビルは地下にある「住友三角街」を筆頭に全てのディティールが激渋。変に改装される前に新宿高層ビル街80’s巡りをせねば。

そのままみんなで自宅に戻りおでん大会を急遽開催。大根がめちゃめちゃおいしかった。素晴らしいです。

060220

昼から重めの会議があったあと、卒制展の荷物片づけ。すごい量の段ボールや緩衝材が一瞬の移動に使われただけでゴミになる。なんという無駄、、
夜、録音先生東くんが仕事で大阪から来ていたので、新大久保の韓国スーパー内に併設?の謎の韓国料理屋でもうりと3人で飲む。

dorkbot TΩKYΩ #000004

4回目のドークボット、3/8SDLX、入場無料!!ぜひぜひお越し&エントリーください、まし!!

060220_dorkbot.jpg
ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

「dorkbot TΩKYΩ #000004
 電気キチGUYZ&GALZ」

@六本木ス-パ-デラックス
2006年3月8日(水)
OPEN 19:00 / START 19:30
入場無料(要ワンorモアドリンクオ-ダ-)
http://dorkbot.org/dorkbottokyo/

電気で変な事してるあつまリ第4回目!!
ド-クボットがSDLXに戻って来ました。
またしても強力なメンバが群れて
接触不良大人の会 a.k.a.六本木電気祭り開催!!??

ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ
続きを読む

2005年度卒業制作展 開催中!!

明日の日曜日17時まで!んぜひぜひ。
——
東京工芸大学では「平成17年度 芸術学部卒業・大学院修了制作展」を下記概要にて開催いたします。
今年度は、学科毎の4会場を設けて同時開催いたします。各会場とも、入場無料、事前予約等は不要です。卒業生・修了生・研究生たちの学生生活の集大成となる作品にご期待ください。

■開催期間
2006年2月17日(金)・18日(土)・19日(日) 連続3日間
開場時間11:00am.〜19:30pm. 
※最終日のみ17:00pm.終了

■メディアアート表現学科 卒業制作展会場
テレビ朝日「umu」(港区六本木6-9-1 六本木ヒルズテレビ朝日本社1階)
交通: 日比谷線「六本木」駅より徒歩5分/大江戸線「麻布十番」駅より徒歩5分
http://www.tv-asahi.co.jp/umu/

千秋楽

卒制展最終日。
昨日から1期生の懐かしい顔もたくさん見えて、なんかお祭り的な気分が盛り上がる。17時に終了し、各種受賞先の発表では最も感動的場面。いいですな〜。しかしわたくしの意中の作品があまり入らなくてちょっとショッキング。。。
集合写真を撮り、二時間ほどバラし&搬出して終了。
実は、4年生の皆様に誠に申し訳ないのですが、わたくしが撮った集合写真ん、フォーカスがあっておりません!!!↓これくらい小さくすればオッケーですが、A4サイズなどには耐えられない感じです。すいません!!!!
060219_2.jpg

去年はそのあと終わりの挨拶が延々続き、解散かと思いきやいろんな人が一言づつ&毎回お疲れさまコールでげんなりだったが、今回はあっさりと気持ちよく解散。田邊研の打ち上げにお邪魔した。後半が割とコアな制作話題で盛り上がっておもしろかった。制作する上でのスタンスといったことはあまり学校で話題になることがなかったのでとても新鮮。

060219.jpg
どんだけ疲れても、イベントごとは楽しい。