月別アーカイブ: 2006年6月

060629

午前は造形大。大久保先生から伺ったうわさ話なのだが、Max/MSPもKeyServerに対応していて、iLokでもチャレンジ&レスポンスでもなくサーバ上からLANにあるコンピュータのMaxライセンスの管理をさせることができるらしい。これは便利!!だ!学校だったら。
午後より工芸大。急に卒制展プランの技術的相談に来る学生がたくさん来る。わりとシンプルなものから、現代の人類にはまだ難しいと思われるプランまでさまざま。
難しいのが、自分の技術力ではできないが世間一般にではできることになっているのではないかというもの。例えばリアルタイムに母音を判別させたいとか、PCなしで録音とスピード可変の再生ができるようにしたい、などなど。音声認識などはかなりノウハウがあるんだろうけどな〜。だれか、教えてやってくださいまし。

Phidgetsのバージョン

気がつかなかったが、いつの間にか Phidgets の PhidgetsInterfaceKit 8/8/8 が微妙にバージョンアップして、アナログ入力端子の間のスペースが詰められたり、謎の「DC OUT」端子が省略されたり、少しだけ小型化されている。

060628_1.jpg

060628_2.jpg

そしてファームウェアも異なっているようで、現在PhidgetのサイトからダウンロードできるMax/MSP用エクスターナルオブジェクトは、僕の持っている古いPhidgets (2005年1月に買った)では動かない。古いオブジェクトだったら動くけどもうダウンロードできない。もしかしたらオブジェクトではなく、同時にインストールするドライバのバージョンのせいかも知れないけど、どっちにしても入手不可。
過去にも、opendragonで配布されていたオブジェクトは対象のInterfaceKitのバージョンが古くて使えなかったりしたし、割とちょくちょく仕様が変わっているんでしょうか。

ふつか目

街中。スペインはかっこよかー。
060616_0.jpg

昼過ぎにゆっくり始動し、カレーを食べたりして15時ころ会場に。どらビデオとオプトラムを見る。どちらもすんごい人が入っている&ドカ受け!

060616_1.jpg

途中軽く食べに行ったりビーサンを買ったりしていると速攻夜に。21時からのHIFANAと別会場の岩井さんとで迷った結果、岩井さんは工芸大や円盤でも見ていたのでハイファナへ。なんやかんやでとみとみや徳井くんたち、昨日であったすーちゃんなどみんな集合してかなり前の方でみる。スゲーおもしろい。おもしろ系。

終了後、とみとみの案内でうまいケバブを頂き、臨時に出ているバスでSonar by Nightの会場へ移動。スーパー巨大な展示会場で、壮大な規模のステージが何個もある。

SonarPark
060616_2.jpg

SonarClub
060616_3.jpg
暗すぎで何のこっちゃわからんけど、とにかくでかい。ここであったCHIC feat. Nile Rodgersがめちゃくちゃかっこよかった。

SonarCar
060616_4.jpg
もうSonarをつければ何でもいいっちゅう感じっす。その他SonarLabやSonarPub、SonarProなど。ソナ〜プロげな、、、

いろんな人と合流したりはぐれたりしつつ、疲労のためいち早く3時頃撤収。

一日目

朝9:00に澤井くんがリハに旅立っていくのを横目に見つつ二度寝して、14時ころパスをもらいにSonarのオフィスに行く。Sonarは出演者の他にもマネージャーやテックの人やら、企業の出展ブースの担当者、プレスなど壮絶な人数の関係者がいて、オフィス入り口も渋滞になっている。しばらくまって、ようやくオフィスに入り、パスを作ることに成功。そのままSonarComplexの会場に行って仕込み&リハ。ソナー全体的にプロジェクションはショボいがPAはしっかりしている感じ。ただ現代美術館の展示室ひとつ分という感じの場所でだだっ広く、残響がかなりすごい。

終了後、澤井くん畠中さんと昼食へ。一休みしてからライヴを見にいく。

屋外のSonarVillage。
060615_1.jpg

テントで半屋外になっているSonarDome。どこも客入れ直後という感じで本調子ではない感じ。
060615_2.jpg

17:30から柳澤さんライヴをみにSonarComplexへ。ちょうど伊東さん一楽さんも登場しみんなで見る。客が400人くらいはいる。さすがフェスだ。
060615_3.jpg

一体化している昼の部の会場をいろいろ回っているうちに自分の出番に。会場では去年のoffICMCでお世話になったSergi JordaやSam Roigとも再会。

フェーダー上げたらLchが謎のノイズを発生しており使用不能に。低音のフィードバックかと思ったが音を切ってもプリフェーダーのメータが触れている。かなり謎。しかたがないのでRをセンターにしてモノラルでライヴ。周りのステージではヒップホップとかなのでかなり心配だったが、お客の反応に助けられつつどうにか終了。

終わった後いくつかインタビューなんぞがあったのだが、みんな日本語でさえ答えに窮するようなコア&コンセプチャルな質問を投げかけてくるのでかなり困る。シュウくんにかなり助けて頂く。

SonarComplex本日のトリは澤井くん。低音ブリブリでめちゃめちゃ受けていた。さすが。残念なのは明らかにPAのどこかで超高音が切られており、あの気持ち悪い感じがあまりしなかったこと。あれはぜひフルパワーでぶちかましてほしかったですなあ。
060615_4.jpg

夜はみんな揃って、とみとみにポブレ・セック近くのカタルーニャ料理屋に連れて行ってもらう。前回も連れて行ってもらったワイナリー内部でやっている不思議な店なのだが、めちゃくちゃおいしい。本当にスペインは、知っている外国の中で圧倒的に食べ物がうまいと思います。魚介、ウサギの肉、ソーセージ、そしてワイン。
060615_5.jpg

1時くらいに解散してタクシーで帰宅したのだが、結局ホテルで明るくなるまで飲み。こちらは路上で缶ビールを1本1ユーロで売っているおっさんがたくさんいるので、早朝でも楽々ビールを入手できるのだ。素晴らし過ぎる。カナダとは大違い。

go to Barcelona

9:30に渋谷駅で畠中さんと待ち合わせて成田空港へ。今回はアリタリア航空だったのだが、ここ数回連続のコンチネンタルに比べ天地の差ほど素晴らしい。まずビールが飲める。それにフットレストもついている。機内食もうまい。内装もさわやかで陰鬱な感じがない。そして今回はわたくしも畠中さんも一人三列の占拠に成功!無敵ともいえる環境で楽々ミラノまで。
着く直前にアルプスが見えてかっこいい。
060614_1.jpg

トランジットして、1時間ちょっとでバルセロナ着。すぐ着いた。一緒のフライトだったTucker氏やAfra&Incredible Beatbox Bandの方々と共にバンに乗ってホテルまで。長旅をものともしない凄いテンションの皆様。
ホテルはカタルーニャ広場に近い場所の最上階角、目抜き通りのランブラスを見下ろしつつ旧市街や海まで見渡せる素晴らしい部屋です。畠中さん澤井くんと相部屋でかなり広い。のはいいのだが、僕のベッドが貧相な簡易ベッドで部屋の品位を大幅に下げております。
先にチェックインしている澤井くんはいなかったので、畠中さんと二人で近所のバルのようなところへご飯を食べに。24時を過ぎているが店はどこも普通に人で溢れている。
部屋に戻ると澤井くんをはじめ徳井くんやみほちゃん、ベルリンからのシュウくん、そしてトミトミという楽しい面々が集っていて、みんなでわいわいと飲む。明日があるのでやや早め解散で就寝。

MAKE Controller Kit

いつの間にこんなものが!!
intefacecontroller1.jpg
http://makezine.com/controller/
Making Thingsが作っているが、TeleoはPICだがこちらはAVRで好感が持てる。USBでもEthernetで接続もできるし、Processing & Java, Max & Pd, Flash, C/C++と直接繋がるらしいし、Teleoより断然良いんではないか?

ワールドカップ日本戦

の時間帯、本厚木駅が驚異的な空き具合に!!
060612.jpg
そして下北沢混みすぎ。そして、人々の様子から今日の結果を読み取った。

今日は、ずっと録画&編集作業。
060612_2.jpg

DI-100

家のすぐ近くはもう手が着けられないくらいヒドいバイク路駐ゾーンだったのだが、今朝は土曜日だというのに全くバイクが駐まっていない!噂の新しい駐禁取締法の効果でしょうか。恐ろしい効果だ。
060610_1.jpg

職場に行ってコンタクトマイクとダイレクトボックスの組み合わせをいろいろと実験してみる。元々BEHRINGERのDI-20(2ch分、サウンドハウスで3,400円)を使っていたのだが、同じくBEHRINGERのDI-100(1ch分で4,300円)に変えてみたところ、劇的にS/Nが向上した!!小さいという理由でDI-20を使っていたのだがこれは相当に損をしていた。
060610_2.jpg

原さんからお借りしているCOUNTRYMANのTYPE 85(19,800円)はさすがの音質。でもS/N比でいうとDI-100とあんまり変わらない。というかDI-100健闘。DI-100好きだ〜!
コンタクトマイクも直径4cmのものと交換すると低音域の反応が異様に良くなった。

夜、Lalyaの友達の友達がスウェーデンから来ていて、近くにいた友人も交えつつ一緒に飲みに行った。Mondeという名のすごいいい奴。腕には虎のタトゥーと、行者札のようなフォントで「寅」の字。渋い。渋すぎる。

徳井直生 at 工芸大

本日の総合メディア特論は徳井直生氏にお越し頂きました。これまでのいろんな活動を理路然と構成した完璧なKeyNoteによる素晴らしいプレゼンテーション、さすがに百戦錬磨でございます。工学系の研究はやはり最終的に実用性のあるものに持って行かねばならないのだが、彼は分かりやすい用途を提示しているわけではないし、アートとも言っていないし、その辺が非常にあいまいなことをやっていて、それをちゃんと言語化して説明しているのがとても偉いと思う。
あと久々に学術的な刺激もあって、遺伝的アルゴリズムのコアな話もがっつり聴きたいなーと思いました。が、それは工学部の普通の授業になってしまうな、、

というわけで徳井くんお忙しい中どうもありがとうございました。
バタバタしていたので写真を取り忘れてしまった。

デジカメ復活

ニューヨークで破壊して帰ってきたデジカメ、本日ついに復活!!
もう本体価格に迫るくらい修理代を使っております。

というわけで、本日のメディア表現演習2より。大先生、本当に素晴らしい先生だ。
060601.jpg