月別アーカイブ: 2007年9月

ポートランド

割と時差ぼけになっていてなかなか熟睡できず、起きているのやら寝ているのやらという一日。
ポートランドは治安がかなり良くて街もやたらきれい。人はそんなにいないのだが、田舎的すさみ感はゼロ。
あと車が歩行者に過剰に優しい。たとえ赤信号でも、少しでも横断したいオーラを出していると車が止まってくれるのだ。すばらしい国だが、この人らソウルとかに行ったらすぐ車にひかれそう。

よる、わたくしたちの滞在をホストしてくれているジョン&エミリー夫妻家へお呼ばれする。まるで雑誌のような室内!巨大なキッチン!

おいしいパスタとワインをいただく。ごちそうさまです!

Time Based Art Festival 07

Time Based Art Festival 07というイベント。
友人のニコラス・バウチャウスキー氏がシアトルから電車で遊びに来てくれて、お昼くらいに合流して食事。彼はメキシコシティで一緒のイベントになって、3週間前にブエノス・アイレスから引っ越したばかりだそう。
その後すぐ会場に移動してサウンドチェック。6時間も取ってあるのでそんないらんだろうと思っていたら、あれよあれよといううちにすぐ6時間。時間はかかったけど、設備もスタッフも充実していてかなりやりやすい会場。

びっくりすることに、客席が黒いしきりでまっぷたつに仕切られれており、それぞれ成人&お酒ゾーン、未成年&お酒禁止ゾーン、になっている。州の法律で決められているらしい。。

本番は22時半から。山川さん→自分→恩田さん→伊東さん、の順。あまりに山川さんが圧倒的だった。すばらしい。直後の自分は、比べていろいろな問題点が、、。


終了後すぐにパーティーバンドみたいなやつの演奏が始まり暗転のなかステージ袖でばらす。全部終わってホテルに戻ったらすでに2時過ぎ。
ちょっと飲みに行こうかということになり街に出るも、日曜日夜で何もやっていない。。近所で開いていた Roxy というバーのようなところに入ったら、なんとアルコールがおいていなかった。どこからどうみてもバーなのにお酒がない!詐欺だ!!!
というわけでみんなでソフトドリンクを飲みながらどか食いして解散。

アメリカへ出発

本日よりアメリカに向かって出発 。伊東篤宏さん、山川冬樹さんと成田空港の出発ロビーでなんとなく落ちあう。伊東さんはシンガポールから帰国してそのまま成田でトランジット。さすがにつらそうです。
本日はポートランドまで。西海岸なので、8時間弱でついた。意外と早いです。スタッフのジョン&アメリーさんが向かえに来てくれて、オーガニックのピザを食べたり街の中を少し歩いたり。今回のTime Based Art Festivalの本部は、なんとワイデン&ケネディーのポートランド本社と同じビルをシェアしていた!
ポートランドは、本当におしゃれできれいな街ですばらしい。大都会ではないけど、センスのいい店が並んでいる。

夕方、恩田さんと合流して、隣のシーフードのお店でごはん。お安くはなかったけど、その分うまい!

バルブー

防音室にて目覚め、仕事に復帰。本日も審査会をやっていて、所属するラボには市川さん、クワクボさん、transmedialeのシュテファンがゲスト講評者に。わたくしも是非参加したいところだったのだが、ツアー準備&不在中の根回しが本日中の〆切りなのでそちらで時間がなくなってしまった。
夜、4年生の打ち上げにビール2杯だけ参加。もっと余裕のあるときに、ゆっくり参加したいなあ。

電球を落としてしまったら、えらくかっこいい形で割れた。中の気圧が低いからかな。

コンクリート内世界

多摩美では卒業制作前期審査会。この時期から完成した作品の提出を求められ、完成している前提で講評されるというのはすごい。
夜から、アメリカツアーに向けた準備作業。眠気と戦いながら、いろいろと完成。
そのまま職場にて寝袋で就寝。

働いている建物は斜めになった土地に半分地下に埋まった感じで建っているのだが、夏休みの間にコンクリート壁から水がピュ〜っと飛び出していた箇所があり、補修工事が。
大きな穴から何とかフォームのような黄色い物体を流し込み、細かな穴を塞いでいる。地下水脈の調査にもにたわくわく感。しかも穴は塞がれて、水は再度通過できないあたりもきわめて趣きがあります。