月別アーカイブ: 2008年6月

出不精

うちの近所の古着屋が、わずか数週間のうちに証券会社になっていてショック。
今日は最終日だったていぱーくでやっていた展示をみたいと思っていたのだが、起床が遅すぎて間に合わず。雨だったので三茶もいかず。

日々

4月にもつくっていたLED調光機、まったく同じ物をもう一つ作っていたのがだいぶできてきた。
が、前回と回路的にはまったく同じであるにもかかわらず、FT232がまったく安定せず、パソコン側の認識は切れていないにもかかわらず急に動かなくなる。USBを差し直すと復活する。なぞだ。。

あと前回にもはまった、レールごと買ったAVRの足は酸化しており、たとえプログラムは問題なく書き込めたとしても、基板にさして使うと接触不良でうまく動かないことが多い問題にも再度はまる。

朝まで作業して、雨が降ってきたので電車で帰宅。

財布紛失

去年の六本木カフェエイトに引き続き、またも財布を紛失。残念すぎる。過去3回財布をなくし、出てきたことは一回もない。。
今回は現金はあまり入っていた無かったから良いが、領収証が悔やまれる。。。

しかし今日はひさびさに大学の友だちと楽しく飲めて良かった。渡英する3名の方々、ご成功をお祈りしております!

次回ドークボット 7/26

家を自転車で出て、川沿い(というか、暗渠になった川の跡沿い)を下って目黒まで行き、そこでお昼を食べながら、ドークボットのミーティング。そのまま白金のライゾマで一件納品をして表参道のラボへ行き、超ハンダ付けをして、夜は再び渋谷にてドークボットの打ち合わせ。

というわけで、次回ドークボットは7月26日(土)17時くらいから、横浜赤レンガ倉庫です(横浜eizoneというイベントの一環)。公募プレゼンはブース型の物販自由なスタイルになる予定。フリーマーケットのような感じでぜひご参加ください!
詳しくは、近いうちにウェブでお知らせしますー。

楽楽

学芸大学経由でラボへ行くと、長旅を終えたダイトくんが戻ってきていた。そして石橋さんとすごい勢いで新デバイスを抱えてSDLXのライヴへ旅立っていった。

わたくしはさっそく明日締め切りのスイッチングボックスの案件にginger組み込み。
いやーはや。すごい時代になったもんだ。

帰り、三宿や太子堂あたりを自転車で通過しながら帰る。すごい古い建物があったり銭湯があったり、かなり魅力的な街。移住したい。

ginger

小林さんのtwitterで知ったのですが、ginger という名の AVR (ATmega88) を使ったGainer互換の、オープンソース的なハードウェアが登場している。これはすごい。USBとAVR直結で、最低でも1000円くらいするFT232的なものが必要ない。チップのATmega88は秋月で250円で売っているので、驚異的な価格でGainerが作れてしまう!

ちょうどお手軽に各種機器に組み込めるI/Oを探していたこともありブレッドボードで実験してみた。環境はMac OS X 10.4.11。

  • AVRMacPackをインストール
  • 上記ページにて、Makeのしかたを学ぶ(簡単)
  • gingerのページからfirmwareをダウンロード
  • ダウンロードしたgingerディレクトリでTerminalからMakeすると、hexができる
  • Mac用ライターがなかったのでWindowsからSTK500を使ってATmega88にhexを書き込んだ(本当はMacからもできるんやろうけど調べるのが面倒だったので。。)
  • フューズビットを、外部水晶発振器8MHz以上、クロック分周なしに設定
  • 回路図通りに作れば、完成!

本当に、Max/MSPでGainer用パッチでそのまま動作しました。すごい。Macはドライバーなしでいきなり認識する。Windowsの場合は差すとドライバの場所を訊かれるので、AVR-USBをダウンロードして、ginger.infが入っているフォルダを指定すれば動いた。こりゃあ本当にすごい!すごすぎる!

福島へ

祖父が急逝し、母方の実家へ。

生き物はみんな最後は死んでしまうのだからしかたがないけど、でも悲しい。でも、読経の最中にひ孫たちがぐずったりしているのを聞きていると、ご先祖さまから面々と続いてきた流れがまた子孫へ続いていく感じがして、さらに自分自身の始まりも終わりもあんまり関係ないような気になった。

ホテルから。お寺に目のようなものがついている。

FT232R

系には、CBUSという端子があって、VCP (virtual com port)ではなくD2XX*というドライバを使えば、それをディジタルのI/O端子として使用できる。これは便利ではないか!ということで、とりあえずコマンドラインからいろいろとデータをやりとりするところまでは達成した。
うそ。
とりあえずサンプルをコンパイルして実行しただけです。これをMaxオブジェクトにできるまで頑張ります。

とりあえずFTDIのサイトのサンプルはVCPのドライバが働いていると動かない。らしい。ソースのコメントをみると、
lsmod
というコマンドで機能拡張のインストールっぷりをチェックせよとあるが、Mac OS X ではこれは
kmodstat
というコマンドらしい**。しかしこれはおそらくOS X 10.1までで、いまのOSでは
kextstat
みたい***。で、それを外すコマンドは
kextunload
らしいが、それの使い方がよく分からず、 /System/Library/Extensions から、無理矢理 FTDIUSBSerialDriver.kext を移動させて解決しました。
途中の解説が何の役にも立って無くてすみません。

ということをラボでやった後、新宿で打ち合わせ→久々に浅野さんとどか飲み。ビールうめえス!!!

ようやく(いまさら)

ウェブサイトを、前・前職場のサーバから移動!!
(永江先生いままですいません、ありがとうございました)。
http://kanta.but.jp/

つくりかけ感がだいぶ出てしまいましたが、実際作りかけっす。

夜更かし

昨晩はこちらのイベントを見に行った。
http://www.super-deluxe.com/2008/6/5/afterwards/
ついたらすでに山川さんが終わっていたのがショックだったけど、大城くんのかっこいい5面プロジェクションや、初d.v.d.観戦など。d.v.d.は大友さんのオーケストラの一部として演奏しているを見たことがあったけど、単体でははじめて。めっちゃおもしろい!
終わったあと、山川さんと、会場に来ていたあやfrom Berlin/名古屋とカフェエイトに行き、堀尾家に行き、だべっていたら朝8時。
そして、起きたら16時。こりゃいかん。

最近めがねをかけ始めた友人D氏が時折見せる渋い姿。

朝のベルリン

深夜のアンカーズラボ

ベルリン行

この2週間は、ダイトくんというか石橋さんのヘルプでベルリンへ。
向こうのアーティストと一緒にパフォーマンスをつくるとか、ワークショップ×2など。
毎日休み無しで長時間の予定がありあまり街はみられなかったけど、いろんな人にあって楽しい滞在でした。印象としては
・街はきれいなんだがビール瓶だけは路上でたくさん割れている
・ビール、格安。ジュースよりも安いかも
・お会計の時に、大きい財布を店員が持ってきて、細かく個人毎に計算してくれる。
・路面電車にのって検察に捕まると40ユーロ

などなど。
詳しくはダイトくんのブログをご参照ください。そこに書いてある通りです。(ただし「ピュッピュッピュ」とは言っていない!)

と思ったけどこちらも写真を。同じ日程で写真も交換しているのでそうとうかぶりますが、。


初日の屋外BBQ。結構な街中にでかい空き地があり、これはけっこうベルリンぽいらしい。


その空き地の隣にあったベルリンの壁跡で写真を撮る山川さんとダイトくん。しかし今回はあらゆる会場が旧東側にあり、西側にいくことはまったくなかった。




こちらのアーティストとの共同制作。



メディアマルクトという電気屋


BOSCHの洗濯機やオーブンに大変な興味を示すダイトくん


いろんなところで、路面電車の軌道跡をみかける。



山川さんとキンセイさん


イイナさんとchristina, sebastian


Arduino!



クッキーズというクラブ。poshという単語を知りました。


アンカーズラボ製デバイスは残念ながらうまく動かず。。力不足で申し訳ありません。


103club


出発日の明け方、トラムで車内マナー広告について議論するクリスティーナと山川さん

museum fur naturkundeというでかい博物館にある、ART+COM作のだしもの。相当すごい。

こちらは故障中のこと。


出発。こんなにたくさんの荷物を持って飛行機に乗るのは初めてだったのでいろいろと勉強になりました。


ラボ到着