月別アーカイブ: 2008年10月

深夜

毎週金曜日の工芸大参りの後、ラボでライブやワークショップの準備など。けっこう大きいミスだったのが、カーディフで郵送荷物と手で運ぶ荷物を適当に分けすぎて、必要な物までただいま郵送中なこと。。ちゃんと考えたつもりだったけど、いざとなるといろいろ足りなくて苦労中。

いろいろ忙しいときに限っていろいろ起きるPC系トラブルだが、気がついたらハードディスクの空き容量が0KBになっていて、ほとんど操作不能に。アプリ終了→再起動の操作、を20分かかってやり遂げる。さすがにバックアップをとってHD整理せにゃならんなー。

ラボでもみんないろいろと忙しそうにしていて、ダイトくんは深夜に柳澤くんに電話して、
「あーもしもし?急ぎじゃないんだけど明日の朝までにxxとxxとxxを作って欲しいんだけど」
といろいろ頼んでいたけど、普通それは急ぎの仕事に分類されると思います。

この日発見された、彼のフォロワー。
http://uk.youtube.com/watch?v=5qy6eysicvg

この映像でだいぶ元気が出ました。

記念写真

ML暴発

最近はやっているのか何なのか、いきなり何かのメーリングリストに加入させられ、しかも1通につき20通くらいのエラーメッセージが届き、全世界から「なんだこれは」「やめてください」「こんなMLに加入した覚えはない。今すぐおれをunsubscribeしろ!」「ぶっ○す」といったメッセージが殺到、それぞれに20通のエラーメッセージが発生、さらに人々発狂、「みんな!メールを送るのを今すぐ止めよう!!」という心ある人の呼びかけもむなしく数分で数百通のメール到来、という恐ろしい事態発生。急いで脱退。そして翌日、今度は違うMLで同じことが発生。こちらは1通に付き1通のエラーしかでないが、脱退機能がうまく働いていない。こちらも怒りのメッセージ大爆発。
何かと思ったらそれぞれ、違う友人が告知メーリングリストを作ろうとして失敗した結果のようでした。おそろしや〜!(知ってる人は納得かと思いますが、一人は○ルカンヘルの仕業…)
やぱりBCCがいいのだなー。

大阪でのワークショップに向けて、ピエゾ直結実験。

[告知]live at SDLX, 11/1

今週末の土曜日、ライブします。SuperDeluxeで企画じゃなくて普通にライブするの初めてかもしれん。ライブはたぶん23時くらいからです。
そして翌日の朝11時から大阪は天保山にて、エコアートフェスタなる不思議なイベントでの出し物。うっかりタイトなスケジュールになってしまった〜。

http://minimaltokyo.com/

GUEST LIVE:
LOD (Klitekture, Sinergy-networks),
Kanta Horio,
Nao Tokui (op.disk).

GUEST VISUALS:
Max Hattler (UK),
Amanda Lopez (Spain).

MINIMAL TOKYO DJS:
GLMN®, Ivan Kuzbass, Tatsuya, Shu Okuyama (Milnormodern, Minimood).

MINIMAL TOKYO VJS:
Spielfilm, Bento, MOA.

FLYER DESIGN
Tokyo-based designer Benjamin Thomas.

VENUE
Superdelux in Roppongi, Tokyo.

SuperDeluxe is 6! 1000 yen entry all week 10/27 – to 11/2. スーパー・デラックス6周年記念! 10/27-11/2毎日入場料1000円!

DATE AND TIMETABLE
November 1, 2008

20:00 – open
20:30 – screenings & art talks
11:00 – club night

COVER CHARGE
Only ¥1000

誕生日会

誕生日会@大樽!たくさんの方々に祝っていただきました。ありがとうございます!本当はすでに2ヶ月経過していて、理由は何であれみんなが集まればいいじゃないかという花見・忘年会的なテンションだったのですが、本当の誕生日っぽくケーキやプレゼント、たくさんのウェルカム30’sメッセージを頂戴してしまいました。いやーはや。ありがとうございます。
意外に2時間制で、土曜夜に30名の集団でこりゃまずいなーと思っていたら、大樽系列店に移動成功。幹事様、鮮やか!そしてビールをドカのみしているウチにだいぶ酔っぱらって、最後はコンバインに。ここで謎のショット祭りとなってしまい、完全泥酔。でもいつものメンバーから久しぶりな人まで会って楽しく飲んで、4時くらいに解散しました。幹事をしてくれたKちゃん、ありがとう〜!

1次会に到着したら一番乗りで、しばらくこの巨大な空間で一人待機。

頂いたプレゼントたち一覧。

普通に便利な旅行グッズや健康アイテム、録音再生専用ICチップ、おもちゃやお菓子、お花、はたまた勝負パンツや見識が疑われるような本までいただきました。しかし「新・UFO入門」は普通におもしろい!現在読書中。

巨大な鍵は、幹事kちゃんが自分オーガナイズで70名?集めて行った伝説の誕生日会の際にプレゼントされた、「30代への鍵」。託されてしまったので、次に30代の扉を開ける方にまた託します。そのときは、わたくし幹事します!


コンバインで熟睡するよしお氏。

これはきたー!!

しばらく時差ぼけの日々を経て、ようやくラボへ。皆様、筑波の某施設に向けて準備中、というか、モロモロの事情により戦う前に苦戦中と言ったところでしょうか。。幸運をお祈りいたしております。
しかしダイトくんが準備していたDAFのライブ、かなりすごいことになっている。これは完璧に一線を越えて突き抜けた感があります!!!

すさまじいVJ!!

夜は、最近東京の東半分に引っ越したm氏と鶯谷の激安飲み屋で飲む。一品が平均250円くらいで超安!駅から0.5分ですばらしいす。新居で扇風機を頂いてさらにもう一杯日暮里駅前で飲んで(これまた激安)、充実の東東京ライフを感じながら帰宅。物価がまじで半分くらいやなー。そして街にみなぎる下半身パワー。うむむむ。

ところで、わたくしめの誕生日会企画が今週末に迫っております。とはいえ誕生日自体はすでに2ヶ月前だったので、お花見とか、忘年会とか、そういう類と思ってご参加いただければ幸いです!

日時:2008年10月25日(土) 19時〜
場所:中目黒 大樽

帰宅&ばったり

なんだか長く感じた滞在も終わり、お世話になったHoctor家を出てCardiffの空港へ。離陸してしばらく外を見ていると、出た!!dismantled railway!

ちょうど同じ場所の、 Explorer Map。

工場を突っ切って、河岸段丘の縁をかすめて廃線跡が伸びております。
地図を見ていると本当に尋常でない数の廃線がある。どうもカーディフは炭坑町だったらしく、ちょうど現在の筑豊が廃線だらけなのと似た状況らしい。たぶん。

アムステルダム近くの海上に林立する風車群。すげー。

アムステルダムの空港で乗り換え。ここのスキポール空港はお店が多いしネットもフリーだし、良い。あとウィーンもネットがタダ+電源も確保しやすくて良!

ながーいフライトを経て成田について荷物をぼけーっと待っていると、手を振ってくる人物が。なんと鈴木ヒラク氏!と思ったら生西さんや灰野さんまで!ノルウェーでのイベントから帰る途中だったそうで、フライトも一緒だったみたい。というわけで成田空港のうどん屋で、ヒラクくん、生西さん、灰野さん、中原さん、永戸さんというとっても濃いメンバーで食事。めっちゃめちゃおもしろかった〜!

オープンスタジオ

昨日は晩ご飯を食べずに寝てしまったので起きたら腹がぺこぺこ。というわけでグリーシースプーンなる類のお店に行って、ジャガイモをやいたやつにチキンやマヨネーズがかかったこってりした朝食を頂く。

本日はオープンスタジオなる、展示的なもの。会場でちょこちょこアップデートしたり、お客さんが来たら話したり、あと記録をとったり。ライブだとここまでは仕込めないし、あと本格的な展示だと、耐久性とか、終了後のバラシ、期間中の機材のやりくりなどで大変だけど、1日こっきりの展示という仕組みはとてもやりやすいし、可能性がある。


これもスピーカ。


今回はずっと作業していたので、フェスティバル期間中の他の出し物をほとんどみなかった。見たのは日本から来ていた anti-coolさん(ウェブ上に情報見あたらず。。)と The Good Cop and the bad cop という2人組くらいかな。あとオープンニングのイベント。

オープンスタジオもだいたい17時くらいには終わって、ばらして会場から撤収→ポールのスタジオに→2つのスーツケース+段ボール1つに重量と使う時期を考えながらパッキング。無限に時間がかかるかと思われましたが、城さん、上岡に全面的に手伝ってもらって2時間で終わりました。ありがとうございます!!

よる、ポール家にお呼ばれしていろいろとごちそうになってのんびりして帰宅。途中で城さん、上岡とお別れ。どうもありがとう〜!

live at experimentica08

朝10時にポールのスタジオに集合し、すぐ隣の建物の会場へ荷物を往復して運び込んだら、すでに12時。そこから会場のいろんなところに、ほとんどインスタレーションのようなテンションでものを仕込んでいく。ポールは会場に着いてからロボットを使ったパフォーマンスをひとつ作っているし、あっという間に開演直前になってしまった。
途中でニューカッスルから城さん、ロンドンから上岡が到着。見に来てくれてありがとうございます!
客入れ前に簡単に本日の演目について相談して、まったくのぶっつけで本番を敢行。もちろん多少うまくいかないところもあったけど、お互いがお互いの領域を拡張するような、いいパフォーマンスになったと思います。新境地が見えたところがあるので、まだまだこの先に進める気がする。

いろんな要素があったので写真ではよく写ってないものもあるけど、なんとなく全景。

ロボノバが行く!彼の名はMoFo。

↓こうしてみると本番中とは思えない散らかり具合やな。。MoFoを使ったパフォーマンスをしようとしているのだが、ロボットとの通信がうまく確立できる困っているところ。

PA?に使った改造スピーカ。

下のケース、ポールスタジオにあった70年代のめっちゃかっこいいケースを拝借。

ずいぶん立派なミキサがあるけど、ほとんど1/4”フォン端子のメスメスとしてしか使っていない。。

城さん、Lisa、写真ありがとうございます。

梅田くんと作業をしているときに学習した技を使って、ピエゾの信号を伝えることに成功。意外とまったくノイズなし!

終了後は、階下のバーにて乾杯〜。

日々


強めの電磁石のそばに置いていると、Arduinoのシリアル通信が不安定になってデータを取りこぼすので、その辺の物を集めてシールド。意外に効きました。

ステイしているところのスカーレットちゃんと、お友達のオーウェンくん。5歳ってこんなにアホだったっけ?というくらいとにかくアホ〜!

本日あった、experimenticaのオープニング。東京でいうと八広highti的な建築物で、中身をスタジオ&ギャラリーにしたような場所。いろんなところで、ハプニングというか、舞踏でもないような、いわゆるパフォーマンスが行われている。こちらではけっこう盛んらしい。

カラオケとパブが合体したものに行った。MC兼DJがいて全体を仕切っていて、曲と曲をつないだり、だれも歌わなかったら自分で歌い出したりする。

泊まっているところのご家族の皆様から、もらった!!!

ふと気がついたのだが、イギリスに来てから毎日、必ずビール1パイントは飲んでいて、ほとんどの日は3杯以上飲んでいる。そして出発前も10連チャンで飲んでいたような。そろそろ、休肝日をもうけないとやばい。。。

アンカーズラボであるプラカー、あと2つスロットが空いているようです。ぜひ!
http://leplacard.jp/2008/tokyo2/

週末

午前中、街の中央まで散歩して地図を買い込んだり、ひらゆとねねのお使いに行ったり。午後から作業の予定だったけど、「天気がいいので海に行こう!」とポールから電話があって、シャルロッテちゃんと3人で車に乗って Southern Down Beach という海へ。30分ほど走ってついたらびっくり、ビーチという語感からほど遠い、壮大な海蝕崖!潮が引いていると海沿いを歩けるらしいのだが、満潮に近かったので絶壁の上を歩いて進む。ちょっと歩くと誰もいなくなって、日差しの強さは真昼なのにすごい斜めから差しているので、妙にドラマティックな、映画の中のような不思議な感覚。


亀裂のように走った谷の終わりが小さな滝になっていて、そこに取り付けてあるをはしごで下りて海へ。
最近崩れ落ちたと思われる箇所もたくさんあるし、小石くらいならリアルタイムで落ちてきて非常に怖い。が、とても魅力的な地形な上に、石もすばらしいのがたくさんある。









初めて化石を発見。
しばらく海で過ごして、帰りは違うルートをたどって帰宅。

午前中に入手 Explorer’s Map というやつを見ながら移動していたのだが、これは等高線や各種地形が相当細かく描きこんであって、5,6色くらい使って美しくプリントされていてすばらしいでき具合。いまのところ買い集めてきた地図の中で最高峰!さらには「Dismantled Railway」なる、廃線跡までが書き込んであってすばらしすぎる。

夜はポール家にお呼ばれして、stuffingなる丸いボールをマッシュドポテトとソーセージ、茶色のソースで頂く料理をごちそうになって、ついでに「SANTO VS SHEWOLVES」なるスーパーB級メキシコ映画も一緒に見て、いい気分に飲んで帰宅。

日曜日は土曜日の代わりにちゃんと制作。
いい週末でした。

BBC Micro

ポールのスタジオにこもって作業する毎日。
街中を歩いていると割とゴミが捨ててあって、いろいろ材料が手に入る。

古いパソコンを普通に使っていたらいきなり電源からもくもくと白煙が出て死亡し、急遽修理するポール。全然驚いてなかったから普通のことらしい。

これは彼愛用のBBC Microという古いコンピュータで、BBCが教育用途向けに作ったものらしい。ADポートやDigitalポートがたくさんついていて、しかもそれらをBASICから直接参照できてすばらしい。同時期の日本のパソコンは、拡張ポートはあったけど、バスラインが直接見えているようなやつで、ユーザが触ることを想定している物はなかったのではなかろうか。BBCマイクロは割と普及していたらしく、eBayを見ていたら二束三文で出品されている。欲しい。。

夜は割ときっちり8時から9時には終わり、近くのバーで軽く食事+飲んで帰る毎日。その分朝は9時半には集合している。スタジオのある建物は夜は使えないので、彼は常にこのリズムで制作しているそうな。人間的ですばらしい生活だなーとも思うが、わしは短期集中的に夜更かしとかしないとなかなか調子が出ない。


クロォワッサン、くろくぁわさーん、、、

初・終日快晴

部屋からの景色。

Googole Map でみると、まったく同じ方法で洗濯物を干している。ずっと同じように毎日干しとるんやろなー。

大きな地図で見る

なかなか楽しい家なのだが、今日からは新しい滞在先に移動。

昼前にスタジオについて作業開始。スタジオではネットにつながらないので困ることもあるけど、気が散らないという点ではグッド。

新しい滞在先は小さい子供がいるご家族で、ますますホームステイ。部屋をよく貸したりしているのかな??
スカーレットちゃん(5)に書いてもらったわたくしの肖像画。

しかしこの新・滞在先は窓際に立ってマックを高く掲げていないとネットにつながらないので、なかなか厳しい。