月別アーカイブ: 2015年10月

奇跡

先日、灰野さんの「奇跡」という曲の手伝いをしました。
http://www.soundlivetokyo.com/2015/ja/miracle.html
http://kiseki-haino.tumblr.com
ピアノの88鍵を一人1鍵、88人で一斉に弾くという曲で、本当に弾けているかどうか確認出来るためのセンサ係。
全部の鍵盤が押されている状態になると、灰野さんの譜面台につけたミニ電球が光るようになっていました。

実は全部の鍵盤を押すだけだったらけっこう簡単に実現できてしまうんじゃないか(=センサ要らないんじゃないか)と思っていたけど、いざ88人+不安定な人を支える係も含む計107人が鍵盤の周りに集おうとすると、普通には全然無理なことだった。。目の前の人たちがものすごく無理のある体勢で他の人やイントレから圧迫されて苦しそうなのを見ると、ただのセンサ係ではいられなくて、いつのまにか扇風機や明かりを当てたり酸素スプレーやクッションなどを供給する人になってしまった。
センサがあることによって、ここまで無理をする目的が人による判断ではなくて物理的条件を満たすため、ということにできたのは良い点だったと思います。

ピアノの鍵盤を取り出したところ。鍵盤を押すとハンマーを後ろから支える部分が上がるので、全鍵が押されるとレーザー光電センサのレーザーが通って反応するという仕組み。

センサヘッド(+反射ミラー)は本体側、筐体内側に設置。

反射光の強さを確認出来るアンプ部。いま一番近い鍵からの反射で49という数字になっていて、これがセンサに近い鍵がいくつかあがると反射光が減り3-4くらいの数字に落ちる。全鍵上がるとミラーからの反射が帰ってきて一挙に1000以上の数値になる、のだけど、本番では何度トライしても4を示すのみでした、。どこかが押せてなかったのだと思います。

基本的には本番中なにもしていないはずなんだけど妙に疲れて、この公演から3晩ほどずっと本番中の夢を見続けました。。
でも本当に参加できて良かった。

お誘いくださった皆様、イトケンさん、松尾楽器の●本さん、ありがとうございました。