カテゴリー別アーカイブ: event

奇跡

先日、灰野さんの「奇跡」という曲の手伝いをしました。
http://www.soundlivetokyo.com/2015/ja/miracle.html
http://kiseki-haino.tumblr.com
ピアノの88鍵を一人1鍵、88人で一斉に弾くという曲で、本当に弾けているかどうか確認出来るためのセンサ係。
全部の鍵盤が押されている状態になると、灰野さんの譜面台につけたミニ電球が光るようになっていました。

実は全部の鍵盤を押すだけだったらけっこう簡単に実現できてしまうんじゃないか(=センサ要らないんじゃないか)と思っていたけど、いざ88人+不安定な人を支える係も含む計107人が鍵盤の周りに集おうとすると、普通には全然無理なことだった。。目の前の人たちがものすごく無理のある体勢で他の人やイントレから圧迫されて苦しそうなのを見ると、ただのセンサ係ではいられなくて、いつのまにか扇風機や明かりを当てたり酸素スプレーやクッションなどを供給する人になってしまった。
センサがあることによって、ここまで無理をする目的が人による判断ではなくて物理的条件を満たすため、ということにできたのは良い点だったと思います。

ピアノの鍵盤を取り出したところ。鍵盤を押すとハンマーを後ろから支える部分が上がるので、全鍵が押されるとレーザー光電センサのレーザーが通って反応するという仕組み。

センサヘッド(+反射ミラー)は本体側、筐体内側に設置。

反射光の強さを確認出来るアンプ部。いま一番近い鍵からの反射で49という数字になっていて、これがセンサに近い鍵がいくつかあがると反射光が減り3-4くらいの数字に落ちる。全鍵上がるとミラーからの反射が帰ってきて一挙に1000以上の数値になる、のだけど、本番では何度トライしても4を示すのみでした、。どこかが押せてなかったのだと思います。

基本的には本番中なにもしていないはずなんだけど妙に疲れて、この公演から3晩ほどずっと本番中の夢を見続けました。。
でも本当に参加できて良かった。

お誘いくださった皆様、イトケンさん、松尾楽器の●本さん、ありがとうございました。

凧揚げ本番

3月20日の本番、写真を頂いたのでアップ。
当日は本当に風がなくてやばい〜と思っていたけど、午後から割と吹いてきて助かった!

これは梅田くんの出し物。

衝撃的な顛末だったな。。蜘蛛はどうなったのだろうか。
東くんが左で、ECMを取り付けた凧を準備している。

こちらは僕が作った物。

3つの物を作っていって、ひとつはこの風で自動的に動いて音がなる凧。

あと大きめの凧で車輪が移動する物もあったけどたぶん記録はなさそう。そして風船と車輪を直結して、風でうわ〜と走っていく物体(作ってみたら、停電expoの時に梅ちゃんが作った物とそっくりだった!)もあったんだけど、これはおそらくほとんどの人がみていないに違いない。。

ちゃんと順序立てて見てもらえば良かったのだが、屋外で音も通らないし人で見通しも悪いから、場のコントロールが全然できない。PAがあって大友さんの司会が聞こえるんだけど、声の方を見てもスピーカがあるだけで大友さんがいない!ここでもう一品!とか思っていたんだけども、、、。いや、大人数+屋外のむずかしさを思い知りました。。

連凧〜

後半は東くんとレコーダーをでかい凧に取り付けて飛ばしてみたりとか、裏番組的にいろいろ実験。

ネットでみつけた動画。

これをみて思い出したけど、一番右の連凧を揚げるときに最後の方が引っかかって、「あ〜やばい!」とか言っているうちに上に上がってしまったんだけど、それがすごくかっこいい動きをしていたのだった。こういう凧を作ったらかなり良いんじゃないか。

などなど、興行としては謎なものになりましたが、やってみたいことは山ほど溜まりました。
大友さん、チームアンサンブルズを始めお誘いくださったみなさま、ワークショップのみなさま、お越しくださったみなさま、ありがとうございました〜!

viewKoma2東北ツアー

仙台が決まったことで、青森、水戸とつないで東北ツアーに行ってきました。
そして、いかに自分が東北の地理を分かっていなかったかを痛感。仙台って、東京-青森の中間くらいなのね。岩手が巨大!

というわけで5/24、高速バスで東京についた梅田くんがレンタカーを借り、うちで布団を搭載し、ラボでライブ機材を載せて、秋葉原で買い出し、、とかなんとかで、東京脱出はもう午後。
そして、牛久の大仏、ついに見た。これは巨大建造物の類のなかでは最強にでかいと思われるが、写真スキルの問題で全然おおきく写せない、、

とかなんとかやって、割とぎりぎりになって水戸の会場「metoo推進室(仮)」到着。

こちらに甲高純子さんが書いて下ったblog記事があります。
http://metoo.typepad.jp/mitolog/2011/05/viewkoma2-467e.html

夜は、東京から帰ってきた道中の中崎くんを捕まえて、むりやりキワマリ荘へ。本当にお世話になりました〜!
朝までキン肉マンやドラゴンボールの画力対決を(中崎くん梅田くんが)やっていたので、翌朝はゆっくりめの午後スタート。海沿いは原発事故で通れないので、斜めに郡山方面に抜けて、中通りを北上。須賀川のあたりが、他に比べて極端に揺れのダメージを受けていてびっくり。鉄筋コンクリートのビルの1階がつぶれていたりなど。。

阿武隈川沿いを行って、夜に仙台着。yumboの澁谷さん夫妻がされている喫茶ホルンにお邪魔して、カレーを頂きつつ雑談。お店を辞して、朝2時くらいまで北上して、一関付近で車中泊。

龍泉洞の地底湖
なだらかな山塊
新青森で服部くんをキャッチ
おいしい居酒屋にいった
服部家が、超でかい

ACACへ。反響音
青森県立美術館

ライブ at icc

「みえないちから」展の一環でのライブイベント。元々梅田くんを誘っていてduoの予定だったけど、ゲストとして来てもらったテニスコーツの植野さん、けっきょく全編にわたって参加してもらって、ほとんどトリオでした。

ICCの別室にセッティングしてカメラに向かってライブをやって、それを展覧会の会場まで映像2ch分+音を放送しました。前日から会場に入っていたのだけど、準備が追いつかない部分もあって、調子が出てくるまで時間がかかったりとか、転換に時間がかかってしまったりなどありまして、結局閉館まで3時間やりつづけました。
やったことのないフォーマットでかなり手探りだったけど、最後の方は全員がこれは良かった、といえる曲もできて、次の課題というか次はこれができる、というようなこともいろいろ脳内に浮かびました。
しかし見えないところにお客さんがいるというのは、おもしろかったけども思った以上に難しかった。。つい目の前の状況に集中してセッティング替えとかしてしまうけど、会場にいるお客さんのテンション的に、イベントとしてしっかり成り立たせることができたかなー。とやや反省。
イベントの時にはお客さんには快適にみてもらうべく超もてなしたいのだけども、妙なるゾーンに突っ込んでみたいという部分とときどき矛盾してしまう気がする。。精進します。
でもお越しくださったみなさま、ありがとうございました!!

そして植野さん、リアルタイム解説収録をしてくださった畠中さんクワクボさん、写真を撮ってくださった松尾宇人さん、多方面にわたってお世話になりましたICCのみなさま(○○を□□してすみませんでした…)、ありがとうございました。

オールナイト解体

入り口

死ぬほど便利そうな変換、RJ-45 < -> BNC。たしかにカテ5くらいになると普通に同軸みたいに使えそうだよな。

他の人の出し物をほとんど撮らなかったのだけど、これはコンタクトゴンゾー

自分たちのライブ、終わった直後。もくもく。

トリの坂出さん、雷に打たれたように感動した。素晴らしいなー。新作でした。

すべてが終わった翌日夕方、梅田家で森山くんとたこやきの会をしてミニ打ち上げー。

From Powerline, To

こちらができた作品の写真。2010年10月31日までやっていますので、もしお近くへお越しの方はぜひ。









会場は前回にもまして大変な爆音大会。図面からそれが伺えたので、かなり大音量の仕組みを考えて望んだつもりだったのだけど、オープンに向かって周りが一挙にうるさくなって、結局あんまり聞こえなくなってしまった。。
でもたとえ音がちゃんと聞こえなくても、よく見るといろいろ見えて起きておもしろくなっていると思います。ただ会期が4月もあって、機構的にどれだけもつか不安だったので、いろんなきっかけがおきる可能性のセッティングがやや弱気になっております。

今回のポイントは、Arduinoではなく大阪・日本橋のジャンク屋、デジットのAVRボード ABL-168を使っているところであります。あと、蛍光灯のように明るく光っている照明は実はLEDなので、平たい。
それと、5月にやった某nik○社の案件で没になって使わなかった物体もこっそり使いました。。(てっしーとさいとうさんしか分からないかも)

オープニングで、舞台上に並ばされて、市長様のスーパー長いトークを拝聴している間立ち続け、、、

誰でも入れる仕組みで、2,000人以上きたらしい。ヨーロッパはこのあたりがどこもすごいな。。
オープニング後の、各界ゲストもいらっしゃるディナーは、設営中に出されたどの日のまかない飯よりもしょぼかった。。

Lille

展示の設営でフランスのリールというところに行っていました。
春にモブージュとクレテイユでやった展示のツアーで、こちらがウェブサイト。
http://www.lille3000.eu/lille3000/uk/event.php?id=28&nom=DANCING-MACHINE
数年前にリールが欧州文化首都になったときにできたというlille3000という組織が主催で、会場は古い貨物駅を改造したもの↓

自分の展示スペースも、古いレールが残っていたりとなかなか楽しいのだが、しかしそのおかげで天井で何かしようとおもったら、脚立やイントレが使えず、かごのついたクレーン車みたいなやつを呼んできて連れて行ってもらわねばならない。これが実におっくうで、一台しかないクレーン車は映像さんから照明さん、舞台さんで取り合って大人気だし、吊る系の試行錯誤はあまりできなかった。。

リールの街は良いところで、中心部は非常にきれい。ベルギーの国境すぐそばで、フランスっぽさもありつつ、オランダでみたようなギザギザ屋根の建物も混ざってる。

ところでフランスにはEmmausなる名前の、カトリック系のチャリティっぽい巨大リサイクルショップみたいなのが全国にあるようで、これがもうれつに楽しい。売り場の面積の多くは家具類なんだけど、そのほか変な電気系やおもちゃ、釣り竿や食器、よくわからない道具などがごちゃごちゃ大量に置いてあって、どれも骨董的価値ゼロっぽいのでびっくりするくらい安い。フランスで何か材料を探す人はぜひ行った方が良いと思われます。ただしだいたい郊外にあるようなので、車で連れて行ってもらわねばならない。

エブリデイ ラオス

毛利悠子3つの個展の一発目、エブリデイラオスのオープン日で、20202に。
http://www.mohrizm.net/soloex.html
これは妙なるシーケンサー!思ったよりも直感を前面に出している感じで意外だった。なんかこう、よく一緒の現場で作品を作っているし、実際素材も近いので、自分ならこうするのに!!的な対抗心がメラメラと燃え上がる!!よって、良い良くないみたいな判断は完全に停止してしまったのだけど、めちゃ刺激になったなー。
会場には山川さん、生西さん、伊東さん、佐々木さんなどなど。みんなで近くの中華料理屋に。割とご飯モードな雰囲気を無視して、毛利と紹興酒を飲みまくってしまった。。

たぶんシリーズ物になっているくさいので、次のも見てみるといろいろ分かりそうな気がする。
そして3発目は最終日のイベントに参加する予定です。今のところ、8月1日。ゼヒ!

Flying Tokyo#4

ラボを会場にした初のイベント!主催はRhizomatiks社の皆様方。
うわ〜っと片付けて、あとトイレにGenelecのスピーカ2発による謎のHiFi音姫を大度くんと設置したりしつつ、準備。

Ustreamを割と直前に決行することになって、堀くんにソフト関係を手伝ってもらいつつざざっとセッティングして始めたのだけど、どうも自分のPCのマイクが音声の入力元になっていたようで、わたくしの独り言が妙にでかくて、プレゼンターの声が聞こえないという残念系ストリーミングに。
後半のTheoにはいるまえに気がついて、後半はまあまあ音が聞こえるようになっていると思われます。

Marco Tempestさん
Marco Tempest

Theo WatsonがEyeWriterの説明をしているところ。
_MG_2318

彼のプレゼン中、2bitくんがtwitterで各種情報をリアルタイムで上げてくれましたが、
http://github.com/ofTheo/ofxControlPanel
http://muonics.net/cvMovies/
http://www.openframeworks.cc/forum/viewtopic.php?f=12&t=3483
http://www.eyewriter.org/
http://000000book.com/
などの話題がでました。。

ustreamのデータはこちらにあります。
Online TV Shows by Ustream

最後はTheoを囲んでかんぱーい!
_MG_2485

お越し頂いた皆様、ありがとうございました。

写真は456のサイトより。

お台場の現場

しばらくやっていた案件の本番。
テニスの壁打ちがシューティングゲームになっているという催し物です。
お台場の巨大ショッピングモール、アクアシティが会場で、金曜日の夜中に現場に入って作業開始。
IMG_0115

といっても、しばらくは床面の養生やらなんやらで、しばらくは待ち。
で、トラスが人の背くらいに上がったところで、天井に取りつける機材を設置開始。カメラや照明、XBeeのアンテナ、各種制御線などを引き回す。
SANY0020

そしてここから、トラスを全部組み、スクリーンをつくり、外の布を貼り、、、などなどひたすら待ち。そして待っているうちに明るくなってきて、実際に作業がスタートできたのは6時過ぎていた気がする。

SANY0023
SANY0031

で、いざ組んでみたら、赤外線を取り巻く環境がまったく想定と違ったり、業者が選んでくれたはずのレンズが全然会場にあってなかったり、と、どえらい困ったことに。そうこうしているうちにスタートの時間は迫り、人も集まってくる、、、バックヤードではみんなでいやーな汗をかいたけども、石橋さんがすごい瞬発力を発揮して、どうにかおちついて動く状態まで持ち込めた。。

SANY0044

翌日はかなり安定して動くようになって、一安心。。
元々赤外線ラインレーザーで壁に当たったボールを検出しようという算段だったのだけど、環境光がありすぎてうまくとれず。むしろ赤外線をばんばん焚いて、フレーム差分でボール位置を追い、ピエゾ(衝撃センサ)で壁との衝突を検出する、という風に変えました。作戦から実装まで全部石橋さんですが。。
あと、大度くん2bitくんはちょこまかとしたリクエストに応えて作り替えたゲーム部分のアプリを客の入れ替えの瞬間に差し替えたりなどなど。
今回は皆様のすごいパワーを見せつけられて感服しました。。

二日目の日曜日は、oF野郎達のKeithやRyan、あとTheoも遊びに来てくれて、バラシや機材運搬が全部終わった後、中目黒の鶏料理の店で飲んでいる彼らに合流して、打ち上げのビールを一杯。
肉体的・精神的にだいぶこたえる現場だったけど、楽しかったな〜

最終的には僕の担当した部分は壁のアタックを検出したり、ラケットの衝撃を検出したり、という部分で割とシンプルだったのだけど、それぞれ現状に至るまでいろんな試行錯誤ができたのが良かった。