live at 九州好青年科学館

というわけで大学で所属していた研究室の後輩たちが企画して呼んでくれたイベント「九州好青年科学館」。展示の部屋とライブの部屋があって、大学院生を中心に修了生や福岡で活動しているミュージシャン、工作工房の津田さんまで幅広い展示とライブ。こういうものがついに芸工大でも行われるようになったのだなー。

初日は昔作ったparticleという作品を久々に復活させて演奏。これはちょうど福岡を出る前に作った作品で、翌日はそれ以降の自分のアップデートを総ざらいする気合いで、前にカーディフでやったようなちょっと展示っぽいいろんな道具を組み合わせたライブをやった。ちょうど見て欲しかった方々も捕まって見てもらえて本当に良かったー。

ライブの前は自転車で嘉穂パーツセンターや平尾のホームセンター、サンマートなどをぐるっと回って足りない物を買い足して芸工大に。平らでコンパクトで、勝手知ったる街でとにかく快適きわまりない。
終わった後はすえ勝にみんなで飲みに行ったり、IAFで朝8時過ぎまで江上さんやと飲みまくったり。
特に自分がすごく影響を受けた人たちと話せてとても幸せでした。

主にライブ部分を企画・運営していたお三方。お疲れ様です&ありがとう〜。

ちょうど二研企画もみることができた。素晴らしかった。10年前に自分もやっていた企画。思うことがありすぎるので、胸にしまっておこう。。

噴水企画も定番になったっぽい。あと、「シイバ」という名前も未だに続いていた。もはやだれもその起源を知るまいな。。

INN JAPANミュージアム。ライブ会場のすぐ隣でやっていて、うろ覚えのくるりやジョンレノンのよれよれ弾き語りなど、おもしろすぎる音がずっと聞こえていました。

わしらがPAサークル現役時代にはエースだったスピーカ、Vegaのローボックスはすでに死亡し、ただの箱というか、スピーカ台として使われていた。ショックー!!